仮定法過去

仮定法過去

2020/12/2

仮定法過去

仮定法過去 仮定法過去は現在の自分に無い物を想定して、違う結果を過去形を使って想像するイメージです。(*^-^*) 英語では日常生活でよく使う文型ですのでしっかりと覚えましょう! 主語1+wish(es)+【主語2+(助)動詞の過去形・・・】 形としてまず動詞wishが後続節に(助)動詞の過去形の入った節をとり今現在において現実性の少ない望みなどを現します。 主語1+wish(es)+【主語2+(助)動詞の過去形would(should / could / mightなど)・・・】 (~だったらいいのにな ...

© 2021 話す英会話のkids-abc.net