これからのグローバルな時代に世界共通語である英会話は必須!
英会話の上達には日常生活で簡単な英語を繰り返し使う事が重要です。

やさしい日常英会話を勉強し今まで知らなかった楽しい新しい世界を広げましょう。
話す英会話kids-abcには、子供から大人まで英語を話すために必要な道具が詰まっています!

情報化社会の進歩と世界のボーダレス化に英会話は必須のアイテムです。
AIが活躍するグローバル社会で、自分の意思を正確に相手に伝えて他人との差別化を鮮明にするには英語を正確に話す力が重要です。

アジアの中でも、日本人の英会話力は驚くほど下位に位置しています。
学問としての英会話ではなく、人とコミュニケーションをとるための話す英会話に移行しましょう!

ABCの書き取り

英単語をよく聞いて声を出そう。

数字の書き取りと英語の発音

数字の書き取り

数字を発音してみよう

やさしい英会話例

やさしい英会話を毎日!親子や仲間の間で使う事で、英語に慣れ、英語を発音するための筋肉が付いてきます。 しかし、何を会話したらよいのでしょう。みなさん悩むところだと思います。
そこで、場面を分けてかんたんな英会話の例を出しておきます。 まずはここからはじめてはいかがでしょうか。

中学生の英文法

英文法と聞いた瞬間に嫌になってしまうなんて方も多いのでしょうが、どんな言葉にも決まり事があります。
外人が、”私行きます貴方の家5時”なんて変な日本語を話したとします。

もちろん会話は成立するのですが、この外人が日本語の決まり事(言葉の順序などの文法)を理解していれば、全ての単語は話せているのですから、完璧な日本語が話せたはずです。
英語も同様に最低限の決まり事は知らなければいけません。

けどご安心!中学生が習う英文法で日常会話は十分です。
簡単ですからやって見ましょう。

ココがポイント


コロケーション(Collocation)

英会話を自然に話せるようになるには、理屈ではない慣用句(決まった言い回し)を覚える事が重要です。
「気を配る」「口が堅い」「手を抜く」など日本語にもたくさん慣用句があります。

英語にも決まった言い回しが沢山ありますので、しっかりと覚えていきましょう。

類似表現集

英会話中に似た表現が頭に浮かんで、どれを使ったらいいのか迷う時がありませんか?

英語には多くの似た意味を持った動詞が存在します。
日本語では、同じ単語で済んでしまうのですが、英語ではそれぞれ全く違った意味となります。

この違いをよく知りませんと、失礼な言い方をしていたり、意味のおかしな英語になっているかもしれません。
特によく使う動詞をご紹介しますので、しっかりと覚えましょう(*^-^*)

50音別英会話集

・ いろんな表現を50音別で探せます。
うまく探している表現が出てこないときには同表現で違う言い方で探してみてください。
たとえば、満腹⇒腹一杯でも探してみるなどです。

身の回りの英単語集

日常英会話で使用する身の回りの英単語を分かりやすく図を使って紹介

基本動詞の使い方

日常英会話では数個の基本になる動詞がいろいろな意味を持って出てきます。
その意味はその時々で多種多様です。
基本動詞を使いこなせれば日常会話も楽々!

基本助動詞の使い方

基本助動詞「can」「must」「will」「should」「shall」「may」について詳しく学びましょう。
助動詞が上手に使用できるようになりますと、表現が豊かになります。

基本前置詞・副詞の感覚

前置詞・副詞の感覚をつかんで語彙力をアップ。
動詞は副詞を伴って色々な意味を持ちます。前置詞・副詞の感覚をマスターしておけば飛躍的に表現力が向上します。

フォニックス

英語を母国語としている国で、子供たちが最初に習うのがフォニックスです。
アルファべトabc...には、普段聞きなれているエイ・ビー・シー...のほかに発音としての別の音があります。

日本の学校では習わないのですが、その音をフォニックスをいいます。
この発音を知る事により知らない単語でもある程度正確に発音が出来るようになるのです。

英語関連コラム

英語関連で気になるあれこれを思いついたまま書いています。
豆知識満載ですので、暇な時に読んでくださいね。(^^♪

© 2020 話す英会話のkids-abc.net