類似表現集

must・should・have toの違い

類似表現must・should・have to

must・should・have to

「~をしなければいけない」と言う英語表現で、「must・should・have to」の3つの言い方を習います。
私が中学生の頃は、「must=have to」と教わって英語の書き換え問題になっていたのを思い出します。

おそらく今はそんな出鱈目な英語を教えてはいないと思いますが、そんな時代がありました。
この3つの使い方を間違えますと、ネイティブを怒らせてしまいかねませんので、しかりと覚えておきましょう。

You must go there.
You have to go there.
You should go there.

どれも「それをしなければいけない」と言う意味になりますが、かなり意味が違ってきます。
ではゆっくり説明していすね!

must

mustはとにかく厳しい言い方です。(助動詞ですので後に動詞の原形が来ます。)

You must go.
---早く行け!
You must finish this work until 7pm.
---7時までのこの仕事を終らせろよ。

「must=しなければいけい。」という訳し方は間違っていて、もっと強い意味があり「どうしても(絶対に)しなければならない。」や「何が何でも」など義務に近い表現になります。
You must go there.
---絶対にそこにいけよ。

もうそこに行かなかったら許さないって感じです。

You must not go there.
---絶対にそこに行くなよ。
You must not come.
---絶対に来ないで。
本当に来てほしくない時に、女性にこれを言われた男性は悲しくなります。
娘が父親に言う事もある台詞ですね。言われた父親は暗くなるしかありません。

ここまで見ると、mustは普段の会話で使用してはいけない単語だと思ってしまいますが、日常会話でも頻繁に使います。
その場合は、mustを名詞として使う時「これが絶対にいい」。

If you're going to see the movie tomorrow. Rocketman is must.
---明日映画観に行くんだったら、ロケットマンが絶対いいよ。

Do I need to bring drivers license? It's must.
---免許証もっていった方がいい?絶対必要だよ。

You must be Tom.
---トムですよね、(かなり確信がある。)

10 must-buy in Japan is these.
---日本の絶対買った方がいいベスト10はこれだよ。

must-item(マストアイテム)という日本語がありますが、これは完全にカタカナ英語です。
mustは助動詞ですので、動詞の原研が必要です。
Item you must bring.buy,wear,etc.
---あなたがもって、買って、着て行くべきアイテム
ネイティブが聞くと、どのmustなのか迷ってしまいます。

have to

have toはmustより弱い意味で、「~しときなよ」ぐらいの感覚です。

You have to go there. Your parent also go there.
---両親もくるなら、君も行った方がいいよ。

have to は何か外的要因があって、その結果それをしておいた方がいい時に使います。

You have to study English tonight, You have a English test tomorrow right?
---明日英語のテストがあるんだよね?今夜英語の勉強しておいた方がいいよ。

mustは助動詞ですので、過去型、三単現になっても変化しませんが、have to は変化します。

He must go there.
He has to go there,

He must have gone there yesterday.
He had to go there yesterday.

should

should は「~いた方がいいよ」と提案や助言的な表現になります。

You should go there. If you don't mind.
---気にしないなら、そこに行った方がいいよ。

You should respect your parents.
---親を尊敬した方がいいね。

You should see this movie.  it’s brilliant!
---この映画みた方がいいよ。素晴らしいから。

Thanks for your help! you should go bask to your room and take asleep. You must be tired!
---手伝ってくれてありがとう!疲れてるだろうから部屋に戻って寝た方がいいよ。

must・should・have toのまとめ

強さでは、must>have to>should な感覚になります。
普段の会話では、絶対にという日本語が付く以外はmustはつかはない方がいいですね。

強弱はありますが、どれも相手に何かをさせる雰囲気のある単語ですので、注意して使いましょう。

上記の単語の代わりに下記のような言い回しを覚えると、相手に伝わる印象が柔らかくなっていいです。
ですが、しっかりとネイティブには、「must、have to、should」を言いたいんだとわかってくれます。

It would be good to~
It might be a good idea to~
I think you need to~
I’d like you to~

-類似表現集
-

© 2020 話す英会話のkids-abc.net