sick・ill・diseaseの違い

類似表現sick・ill・disease

病気と聞いて、思い出す英単語に、「sick・ill・disease」があります。
どれも病気を現わしている単語ですが、違いをご存じですか?

今回はこの3点の使い方の違いについて解説します。

sick(一般的な病気)

病気と一般的に英語で言う場合に一番良く使われる英単語です。
日本人のほとんどが、病気と言えばこの単語を思い浮かべると思います。

I'm sick.
---私は病気です。
♠これだけ聞きますと、肉体的な病気なのか精神的な病気なのかが良く分かりません。

I feel sick.
---具合が悪い。
♠何となく具合が悪くなってきた時に使います。
What's wrong?(どうしましたか?)と聞かれる定番の言い方です。

I feel sick and nausea coming up.
---具合いが悪くなって、吐き気がする。
♠nausea(吐き気)

「Sick」は風邪や軽い病気を現わす代表的な単語になります。
車酔いでしたら、「Carsick」船酔いでしたら「Seasick」

「be sick of~」で「~が嫌になる」などと使われます。
I'm sick of life.
---人生嫌になったよ。

I'm sick of her complaints.
---彼女の愚痴にはうんざりだよ。

日本の英語の教科書では、下記の表現が好きです。
I'm sick in bed.
---病気で寝ています。

「Sickness」と名詞にして使いますと、

つわり---Morning sickness
仮病---Feigned sickness
軽い病気---Slight sickness
慢性病---Chronic sickness

ill(重い病気)

「ill」は重い病気の時に使用される場合が多いです。
※イギリス英語では、「sick」と同じ使い方をします。

アメリカ英語では、重篤、重病など病気が酷い状態を現わす副詞と共に使用されます。

She's been seriously ill.
---彼女は重病です。
He is mentally ill.
---彼は精神的に異常だ。
It's an ill omen.
---それは悪い前兆だ。
He is critically ill.
---彼は重病です。
He is dangerously ill.
---彼は危篤です。

「ill」には、かなり悪い印象があるので不吉・重篤などの場面で使われます。

disease(病名などに使います)

High blood pressure is the cause of heart disease.
---高血圧は心臓秒の原因です。
Covid-19 is an infectious disease.
---コロナは伝染病です。
It's called Alzheimer disease.
---それはアルツハイマーと呼ばれています。
A heart attack is a circulatory disease.
---心不全は循環器の病気です。
Angina pectoris is a heard disease.
---狭心症は心臓の病気です。

「Liver disease」肝臓病「Skin disease」皮膚病など、体の部位別の病気を現わす時に使用されます。

その他病気関連表現

病気を現わす表現には上記の3点以外にもたくさんあります。

I'm under the bad weather today.
---今日は体調が悪い。
♠「be under the bad weather」で具合が良くないになります。
I'm in bad (good) health.
---体調が良くない(良い)。
I have a headache(sore throat,stomachache,toothache,ear ringing).
---私は頭痛(喉が痛い、お腹が痛い、歯が痛い、耳鳴り)がする。
I have runny nose.
---鼻水が出る。
I am constipated(diarrhea).
---私は便秘(下痢)です。
I have heartburn.
---胸やけがします。
My eyes are itchy.
---目が痒い。
I have a stuffed up nose.
---鼻づまりがする。

-類似表現集
-,

© 2020 話す英会話のkids-abc.net