close・nearの違い

close・near

close・near」どちらも近いという意味で使用できる基礎単語です。
ですが、使用方法で違いが出てきます。

しっかりと違いを覚えて、英語の達人になりましょう。

close

「close」が持っているイメージは凄く近い感覚です。
距離的な近さと精神的な近い関係に使えます。

My house is close to the Park.
---私の家は公園の近くです。
♠私の家は実際に正面が大きな公園で、徒歩5秒です。
He is a close friend of mine.
---彼は親友です。
Tom and I are close.
---トムとは仲良くしています。

「close」と言いますと日本でたくさん間違えた表記が多いのも有名です。
We are open.(開店)
We are closed(閉店)
こちら「閉める」と言う意味の動詞「close」になります。

通常「we are」を省略して「Open Closed」で開店、閉店となります。
ですが、多くのショップが、「Open」は合っているのですが「Close」と間違えています。

「Close」だけですと、動詞の原型になりますので命令形となり「閉めろ!」となってしまいます。
是非「d」を足して下さい。

near

「near」は距離又は時間が近い感覚で、「Close」ほど近くありません。

Ymanashi and tokyo are near.
---山梨と東京は近いです。
Post office is near my house.
---郵便局は私の家の近くです。
I will come to your place in the near future.
---近いうちにそちらに行きます。
She is near her time.
---彼女は臨月です。

「close、 near」を使った慣用句

「near miss」--ニアミス
「near east」---近東
「near infrared」---近赤外線

「close call」---危機一髪
「close out」---売り払う
「close‐up」---クローズアップ
「close race」---五分五分の闘い。

-類似表現集
-,

© 2020 話す英会話のkids-abc.net